ブログ|【シーズどうぶつ病院 横須賀三浦】ペットとご家族の為の動物病院

  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・地図
  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

2019年2月25日

以前、1歳超えたばかりのわんちゃんをアトピー性皮膚炎の可能性をお話したときに「ペットショップの人は何にも言ってなかった。」と言われたことがありました。確かにその子は、いわゆる「売れ残り」でお家に迎えて間もなく発症したので、ご家族の気持ちもわかります。でも、一般的にアトピーは生後1~3歳で発症すると言われていますから、ペットショップでは把握できないのも無理は無いのです。

別のケースでは、わんちゃんが5歳頃からおなかの皮膚が赤くなり痒く、他院で「原因ははっきりしない。アレルギーならもっと早くなるはず」といわれた。かゆみ止めの内服とシャンプーでも良くなったり悪くなったり・・・「しまいには、よくわかんない高いスプレー出されたけど全く良くならない。」と診察に来ました。

よくわかんない高いスプレーの正体が気になりつつ診察を勧めますと、見た感じもスクリーニングの皮膚検査でも感染症も寄生虫もありませんし、「アレルギー/アトピー」なんです。

よくよくお話を聞いてみると、1歳過ぎたあたりから外耳炎に良くなっていたと・・・

おそらく、この子はアレルギー性の外耳炎を1歳過ぎから発症していたんです。もしかしたら、そのころからちょっとした皮膚炎もあったのかもしれない。このことをお話して除去食と内服薬で治療を始めたら、かゆみもコントロールできてご家族にも納得していただきました。

前回触れませんでしたが、外耳炎もアレルギー/アトピーで発症します。外耳炎は点耳薬で対応できてしまうので繰り返してなっても「耳が垂れてるから」とか「癖になってる」と解釈してしまいがちですが、根本にアレルギー/アトピーがあることが多いです。

ちなみに犬猫では外耳炎は皮膚科領域です。大学病院など科に分かれている大病院に行っても耳鼻咽喉科はありません。耳の中の方(内耳とか鼓室とか)の病気は神経科領域になります。

最後にもう一つだけ、

アレルギーの発症は1~3歳と書きましたが、ノミアレルギーは例外です。ノミアレルギーは高齢になってから初めて発症することがあります。特徴として他のアレルギー皮膚炎と違って、腰背部に脱毛・発赤・粟粒性皮膚炎が起こります。

前回に続いて真面目なお話でした。

シーズどうぶつ病院 院長 島﨑健一

www.shesac.com

 

#横須賀市 #大矢部 #動物病院 #横須賀動物病院  #シーズどうぶつ病院 #横須賀佐原 #森崎 #衣笠 #久里浜 #北久里浜 #三浦 #いぬすたぐらむ #ねこすたぐらむ #犬のいる生活 #猫のいる生活 #わんすたぐらむ #にゃんすたぐらむ #犬部 #猫部 #犬 #猫 #花粉症 #アトピー性皮膚炎 #アレルギー性皮膚炎 #外耳炎 #ノミアレルギー性皮膚炎 #細菌性皮膚炎 #膿皮症 #マラセチア性皮膚炎 #真菌感染症

2019年2月23日

今年もこの時期がやって参りました。

花粉症の季節です。

2月初めから内服薬を始めていましたが、眼のかゆみ、くしゃみ鼻水など症状が出てきました。

大変申し訳ありませんが、診察時のマスク着用をご了承ください。

多分、梅雨入りくらいまでマスクをしていると思います。

なぜならば、スギ花粉のシーズンが終わっていてもわんちゃんの体・被毛花粉が結構ついていて、診察時にムズムズしてしまうからです。

では、わんちゃん・ねこさんは花粉症にならないのでしょうか?

 

人では花粉症(アレルギー性鼻炎)が非常に問題ですが、

犬猫で鼻炎というと、細菌性・真菌性・二次性(腫瘍や歯周病によるもの)でアレルギー性はありません。

犬猫では花粉などの環境要因や食物が原因となるアトピー性皮膚炎が問題となります。

それこそ、原因となる花粉が被毛・皮膚に付着することで皮膚炎を起こしますから、

治療の一つとして定期的なシャンプーで被毛を洗い流すことも重要になります。

皮膚自体に保湿が必要な場合など適応した治療用シャンプーを使用します。

表面の花粉を取り除くだけであれば、外出後などに被毛の表面を床用のドライタイプの不織布(クイックルワイパーみたいなもの)で拭ってあげることも有効です。

 

血液検査にてアレルギー検査も可能ですが、最近では飼い主様の要望がある場合を除き、精度や費用対効果から、アレルギーになりやすい材料を使用していないフードなどを用いた除去食試験から始めることが殆どです。

かゆみが強い場合は、同時に内服薬も始めます。抗ヒスタミン・ステロイド・アトピー性皮膚炎治療剤/アレルギー性皮膚炎抗掻痒剤、などを用いますが、最近では一過性の突発的なアレルギーを除いてはステロイドの出番は無くなってきています。

最後に重要なことを。アトピー性皮膚炎に感染性皮膚炎を併発することはよくある話で、感染性皮膚炎を治療・コントロールした上でかゆみの評価をし、アトピー性/アレルギー性皮膚炎の治療をすべきです。「アトピー性/アレルギー性皮膚炎の治療をしても良くならない。薬ばっかり増えていく。」と当院に来た子のほとんどが感染性皮膚炎の治療がされていません。

 

アレルギーと言えばもう一点、昔は食べ物に起因して消化器症状を呈することを食物アレルギー性腸炎といっていましたが、最近ではアレルギーの定義が厳密になり、食餌反応性腸症と呼ばれる用になりましたが、やはり除去食試験で対応可能です。

超久しぶりに真面目なお話でした。

シーズどうぶつ病院 院長 島﨑健一

#横須賀市 #大矢部 #動物病院 #横須賀動物病院 #シーズどうぶつ病院 #横須賀佐原 #森崎 #衣笠 #久里浜 #北久里浜 #三浦 #いぬすたぐらむ #ねこすたぐらむ #犬のいる生活 #猫のいる生活 #わんすたぐらむ #にゃんすたぐらむ #犬部 #猫部 #犬 #猫 #花粉症 #アトピー性皮膚炎 #アレルギー性皮膚炎 #食餌反応性腸症 #アレルギー性腸炎 #細菌性皮膚炎 #膿皮症 #マラセチア性皮膚炎 #真菌感染症

 

 

2019年2月22日

本日2月22日ねこの日です。

ねこの飼育頭数は増えていますが、

いぬに比べて来院率は少ないです。

理由としては

いぬの狂犬病予防接種の様な義務がなく、具合が悪くなるまで、病院に行くきっかけがない。

いぬ同様に予防接種やフィラリア予防、ノミダニ予防が必要な事が知られていない。

など考えられます。

健康診断を年に1.2度うけてください。

フィラリアとノミダニ予防が一度にできるお薬あります。

いぬと待合室で一緒になりたくない飼い主さんはご連絡下さい。

キャットアワーとして予約診療もできます。

本日2/22金曜日は

午前9:00~12:00

午後3:00~7:30

受付は午前午後共に終了30分前まで

で診療しています。

https://www.shesac.com

#横須賀 #大矢部 #シーズどうぶつ病院 #横須賀佐原 #森崎 #岩戸 #衣笠 #久里浜 #北久里浜 #三浦 #動物病院  #ねこのひ #予防接種 #ノミダニ予防 #猫フィラリア予防 #にゃんすたぐらむ #はる #いぬ部 #ねこ部 #いぬすたぐらむ #いぬのいる暮らし #わんすたぐらむ #犬 #猫

 

2019年2月3日

 

本日2/3日曜日は日祝の診療時間

午前9:00~12:00

午後2:00~6:00

受付は午前午後共に終了30分前まで

で診療しています。

https://www.shesac.com

#横須賀 #大矢部 #シーズどうぶつ病院 #横須賀佐原 #森崎 #岩戸 #衣笠 #久里浜 #三浦 #動物病院  #節分 #らくがき #フィラリア検査 #猫フィラリア予防 #にゃんすたぐらむ #はる #いぬ部 #ねこ部 #いぬすたぐらむ #いぬのいる暮らし #わんすたぐらむ #犬 #猫

2019年2月2日

2月より春の健康診断キャンペーンです。通常よりお得な料金で検査がうけられます。

わんちゃんのフィラリア検査も一緒にできますので、4月5月の混雑時の検査を避けられます。

もちろん、猫さんの健康診断もキャンペーン中です。

歯石除去の麻酔前検査としても受けられます。

本日2/2土曜日は平日の診療時間

午前9:00~12:00

午後3:00~7:30

受付は午前午後共に終了30分前まで

で診療しています。

https://www.shesac.com

#横須賀 #大矢部 #シーズどうぶつ病院 #横須賀佐原 #森崎 #岩戸#衣笠 #久里浜 #三浦 #動物病院  #歯科検診 #健康診断 #フィラリア検査 #猫フィラリア予防 #にゃんすたぐらむ #はる #いぬ部 #ねこ部 #いぬすたぐらむ #いぬのいる暮らし #わんすたぐらむ #犬 #猫

 

#