ブログ|【シーズどうぶつ病院 横須賀三浦】ペットとご家族の為の動物病院

  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・地図
  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

2014年10月31日

31日ということで、
フィラリアとノミダニの予防薬を取りに来る方が多い一日でした。
フィラリア予防薬は、だいぶ涼しくなりましたが、
11月末から12月下旬ころまで投与が必要です。
ノミダニ予防薬は通年投与をお勧めいたします。

2014年10月29日

今年も、こんな時期です。
当院かかりつけの方、1世帯に1本差し上げます。
かかりつけの方は、他にご用件がなくても、カレンダー取りに来てください。
数に限りがありますので、ご了承ください。

2014年10月28日

今日の朝刊でこんな記事を見つけました。
「感染が確認されていない」というか、
「感染が確認できてない」だけかもしれない。
日本と同様に「狂犬病のない国」だった台湾で狂犬病の発生、流行を受けてとのことです。

皆さんのわんちゃんは予防はお済ですか?
「狂犬病は日本にないからワクチンは無用!」という
ネットのどこの誰だかわからない人が書いた記事を鵜呑みにして、
予防接種をしていない飼い主さんはいませんか?
実はこういう方が潜在的にたくさんいらっしゃると思います。

そんな中、検査強化で日本国内で狂犬病が確認されたら…
考えただけで、恐ろしいことです。

2014年10月27日

近畿地方で木枯らし1号が吹いたそうです。
朝の予報では、夜には関東でも木枯らし一号が吹くかも?
と言ってましたが、どうなるんでしょう?

寒くなってきたからですかね。
先日、くしゃみ鼻水、食欲不振の仔猫が来院しました。
ウイルス性の鼻気管炎です。
インターフェロン療法と、温かくして、栄養を十分摂ってという治療になります。
この病気も、予防接種で予防・症状の緩和ができます。
「冬の猫ちゃん、伝染病対策緊急キャンペーン!」ご利用ください!

2014年10月26日

先日、子宮蓄膿症の手術をしたわんちゃんが抜糸にやってきました。
来院当日に緊急手術となったのですが、手術は無事に済んだものの、
一筋縄ではいかず、敗血症を併発して、生死の境を彷徨ったわんちゃんです。
1週間ICUでの集中治療(この間、ブログお休みしました。)の甲斐もあり、
元気に退院していったのですが、抜糸の頃にはさらに元気になっていました。

もうご存知だと思いますが、子宮蓄膿症は子宮の中に細菌感染が起こり、
膿がたまる病気です。子宮を摘出することが、メインの治療法ですが、死亡率も高い病気です。
今回のように敗血症(血液に細菌が入ってしまい、全身感染症をおこす。)こともまれにあります。
僕の経験から、一概に発見の遅れが敗血症に直結するとは思えません。
飼い主さんが排膿や、食欲不振、発熱に気づいて数日してから来院した子でも
敗血症に至らなかった例も多々あります。
現に今回の子も、飼い主さんが異変に気づいてすぐに来院されているようです。

いずれにしても、普段からわんちゃんの様子をよく観察することは重要です。
何よりこの病気は、避妊手術をすることで予防することができます。

1 2 3 4