ブログ|【シーズどうぶつ病院 横須賀・三浦】ペットとご家族の為の動物病院【予約診療】

  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・地図
  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

狂犬病②

2015年3月21日

昨日、狂犬病予防接種についてお話ししましたが、
なぜ、接種しなくてはいけないのか?
法律で決まっているからです。

皆さんは、狂犬病は名前を知っていても、狂犬病の犬を見たこともないし、狂犬病で死んだ犬の話も聞いたことがないでしょう。

なぜなら、日本では、1957年以降、動物・ヒト共に国内での感染・発症がないからです。ただ、ヒトは2006年にフィリピンで犬にかまれ感染し、帰国後発症し死亡した例があります。

狂犬病に感染した犬は
異常な興奮状態(徘徊、目についた人・動物に噛みつく)
全身まひ、光や音に対する過敏反応などを呈し、最終的には死亡します。
ヒトは、発熱、食欲不振、水や風を怖がる、興奮、麻痺、幻覚などを呈し、最終的に呼吸障害により死亡します。

詳しくはリンク先の厚生省のページもご覧ください。

なぜ法律で接種が義務付けられているのか?それは人に感染し命を奪うからです。リンク先が厚生省なのも、その為です。

世界で日本のような清浄地域(発生のない地域)は、オーストラリアなどの島国だけです。じゃあ、うたなくていいじゃないか?って思いますよね。でも、
2013年には、それまで日本と同じ清浄地域だった台湾で発生しています。
狂牛病だって、「日本は大丈夫」って最初は言ってましたよね。
海外から入ってくる動物に関しては検疫していますが、絶対なんてないんです。

僕も、狂犬病の犬は教育用のビデオでしか見たことがありません。
狂犬病の犬やヒトがどうなるかご覧になりたい方は、某有名動画サイトで「狂犬病」で検索してみてください。ショッキングな映像かもしれないので、ご覧になる前に覚悟してください。
本当は、「狂犬病の注射はうたなくても大丈夫」とお散歩仲間に言いふらしている飼い主さんにこそ、見て頂きたい。

狂犬病予防接種は必ず受けましょう。