ブログ|【シーズどうぶつ病院 横須賀・三浦】ペットとご家族の為の動物病院【予約診療】

  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・地図
  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

捻じれる

2014年8月23日

先週の土曜日の朝に手術したわんちゃんが、術後の経過観察に来院しました。「先週の事が嘘のように元気だ。」と飼い主様がおっしゃっていました。
彼女は、先週、診察時間が始まる前に、「夜中から吐いていて、朝には何も出ないのに吐いていた。おなかが膨れてきた。」と来院しました。
診察の結果は、「胃拡張・捻転症候群」でした。
文字通り、胃が膨らんで、捻じれた状態です。
このことにより、胃自体が血行障害を起こすことはもちろん、近くにある脾臓を巻き込めば、脾臓にもダメージを与え、拡張した胃によりおなかの中の大きな血管が圧迫され、全身的な低血圧、ショック状態を招きます。
来院した時には、どうにか自分で歩けてはいるものの、ふらついていて、目はうつろ、普段来院した時の元気な彼女からは想像できない状態でした。