ブログ|シーズどうぶつ病院 横須賀|ペットとご家族の為の動物病院

  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・地図
  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

シーズどうぶつ病院の診療

2021年8月9日

当院では、皆様が来院する時間は集中してしまい、一時的な待合室の「密」や、1時間以上の待ち時間が生じてしまうことが増え、昨年より予約診療とさせていただいております。

時節柄、感染症対策と言う大事な目的もありますが、わんちゃん・ねこさんはもちろん、飼い主様の待ち時間のストレスを最小限にするという目的も大きいです。いや、こっちの方がメインかもしれません。

新型コロナウイルス感染症が現れる前から、「予約制にできるといいな」と思っておりました。実は「予約制」の動物病院で研修していたこともありまして、その利点を十分知っていましたから。

またご存じの通り、妻と私の2人で診察をしておりますので、若い先生もいませんから、たくさんの診察をこなすことはできません。

最近は人員確保の為なのか、動物病院の獣医師の求人に「経験こそ勉強」「就職後すぐに診察して頂きます。」なんて、免許取り立ての先生には魅力的な文字が並びます。

僕らが獣医師免許を取得したのは22年前、就職しても最初は、院長や先輩勤務医の助手をしつつ勉強しつつ、早くても6ヶ月くらいしないと診察できませんでした。僕は臨床系の研究室(内科)にいたので大学病院で研修とかもしていましたが、それでも、初めの頃の診察は辿々しくて見てられた物じゃなかったでしょう。1年目の5月って新卒で働き出して1ヶ月ですよ。仕事に慣れるのに精一杯の頃です。本人が可愛そうとおもうけど、今の学生さんは優秀だからできるのかもしれません。

一つ一つの診察や手術・処置は、飼い主さんやペットにとっては、例えワクチン接種でも去勢手術でも乳歯抜歯でも大切な家族の診察・手術・処置です。獣医師にとっての「勉強の為の経験」「スキルのブラッシュアップの為のツール」(横文字だらけで僕の嫌いな言葉)では困ります。

もちろん、同じ病気でも皆それぞれ病態は異なります。22年やっていても、経験のないことに出会うことは今でも沢山あります。診療を通して勉強させてもらうことも多数です。今までのその経験の積み重ねを糧に、丁寧な診療を心がけています。

「待ち時間は短く、診療は丁寧に」シーズどうぶつ病院院長 島﨑健一