ブログ|シーズどうぶつ病院 横須賀|ペットとご家族の為の動物病院

  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・地図
  • 神奈川県横須賀市・シーズどうぶつ病院・メニュー
  • カテゴリー

  • アーカイブ

2022年1月5日

明けましておめでとうございます。昨日より診療を開始しています。今日の診療受付時間は日祝日のもの(9:00~11:30 14:00~17:30)となりますのでご注意下さい。明日6日は木曜日なので休診、明後日7日以降は通常通りとなります。

2022年も「待ち時間は短く、診療は丁寧に」ペットとご家族の待ち時間のストレスを最小限にし、お話をじっくり聞き、しっかりコミュニケーションを取る診療スタイルを変えずに、ペットとご家族に最善の診療を提供致すよう精進致します。

また、引き続きコロナとの闘いは続きそうです。神奈川県内でもオミクロン株の市中感染が確認され、年末年始で感染者数も増えてきました。2月3月には第6波が来るとも予測されております。引き続き感染対策を取りながら診療を続けますが、院内でのマスク着用へのご協力、体調の優れない方、咳・喉の痛み、発熱のある飼い主様には御来院はお控え頂来ますよう、改めてお願い致します。

シーズどうぶつ病院 院長 島﨑健一

#横須賀市 #よこすか #三浦市 #みうら #大矢部 #横須賀佐原 #佐原  #岩戸 #衣笠 #森崎 #北久里浜 #久里浜 #犬 #猫 #動物病院 #予約制 #待ち時間は短く診療は丁寧に #犬の病院 #猫の病院 #予約のできる動物病院 #2022 #令和4年 #犬のいる暮らし #猫のいる暮らし #オミクロン株 #感染対策 #寅年 #実は年男 #あけましておめでとう 

2021年12月13日

週2の更新が目標のはずが、診療が立て込んだり、病院の雑務や外回りの片付けで忙しく、1ヶ月空いてしまいました。

おそらく今年最後の更新かと思われますが、病院の方は寒さの影響か、椎間板ヘルニア、寒いけど外耳炎、年末駆け込みの手術、という感じが多いです。

引き続き予約診療です。土日の午前中に集中しがちです。土日は午後も診療してます。よく「土日は午後お休みですよね」と言われますが、診療しています。診察券は古いタイプだと前の診察時間が書いてありますが、前から土日の午後は診療してます。

診察券、持ってますか?無くしてませんか?受付で必ず出して下さい。なくした方には再発行もします。年末年始、夏休み以外は木曜と第三日曜日だけお休みさせていただいております。

さて、その年末年始のお知らせです。

初めてご利用(最終来院日から1年以上たっている)ペットの年内最終受付は28(火)まで、かかりつけ(1年以内に来院のある)ペットは29(水)午前中までとなります。

29(水)午後から3(月)は休診。かかりつけ(1年以内に来院のある)ペットの急患には可能な限り対応します。来院前に留守電話にメッセージを入れて下さい。

4(火)5(水)はAM9:00~11:30 PM2:00~5:30の受付となります。

6(木)は休診

7(金)からは通常通りとなります。

※休診の間の1/4(火)以降の診療予約の受付はHPの予約フォームからのみとなります。また、予約確定のご連絡は、1/4(火)8時以降となります。

横須賀市 シーズどうぶつ病院 院長 島﨑健一

#横須賀市 #横須賀 #よこすか #大矢部 #岩戸 #森崎 #小矢部 #公郷 #衣笠 #横須賀佐原 #三浦市 #北久里浜 #久里浜 #動物病院 #犬猫病院 #ゆったりした駐車場 #犬 #猫 #ペットのホームドクター #待ち時間は短く #診療は丁寧に #予約のできる動物病院 #予約制 #感染症対策 #椎間板ヘルニア #外耳炎 #皮膚病 #年末年始 #犬のいる暮らし #猫のいる暮らし #ペット 

2021年11月7日

ここ最近のシーズどうぶつ病院の診療ですが、泌尿器の病気が増えてきています。膀胱炎、尿石症、膀胱結石・・・

寒くなると、泌尿器系、運動器、神経系の病気が増える傾向があります。完全なる予防にはなりませんが、暖かくして過ごさせてあげて下さい。

反面、皮膚病や外耳炎は少し治まる傾向があります、治療中の方は御相談しながら投薬方法などを変更してみましょう。

そして、毎年この時期になりますと、「フィラリアの薬はいつまで飲むのですか?」「ノミ・ダニの薬はいつまでですか?」とご質問を頂きます。

フィラリア予防薬は、蚊に刺されなくなったり、フィラリアの虫自体が体内には入れなくなる薬ではございません。蚊に吸血された時に、おいて行かれたフィラリア子虫を1ヶ月後の投薬で駆虫し、フィラリアの感染成立を防いでいます。

ですので、フィラリアのお薬は、蚊が吸血できなくなるくらい寒くなってから、更に1ヶ月後をカバーできるように内服して下さい。

ノミやダニは、蚊のように気温によって吸血できなくなることはございません。真冬でも吸血可能です。彼らにとって、わんちゃんやねこさんは、寄生してしまえば、体温で暖かく、吸血すれば栄養もとれるし「常夏の楽園」状態です。

ですので、ノミ・ダニのお薬は通年内服して下さい。

11月になって肌寒い日が続きますが、飼い主様もペットも、くれぐれも健やかにお過ごし下さい。

当院は、ペットとご家族の待ち時間のストレスを最小限にし、お話をじっくり聞き、しっかりコミュニケーションを取る為に予約診療となっております。

診察を伴わない、予防薬や療法食の処方のみの場合は時間予約の必要はございません。少し余裕を持ってご連絡頂ければ、ご用意しておきますので、待合室での滞在も最小限にできます。

緊急事態宣言も解け、感染者数も激減していますが、感染症対策あってこそです。来るかもしれない第六波にそなえて、シーズどうぶつ病院では引き続き感染症対策を継続していきます。

急患の場合は、当院かかりつけのペットには可能な限り対応致しますので、御来院前にお電話下さい。急患と重なった場合、予約通りに診療できないことがありますことをご了承下さい。予約は簡単に取れますので、お気軽にお問い合わせ下さい。当日の御予約は、お電話でできますのでご利用下さい。

横須賀市 シーズどうぶつ病院 院長 島﨑健一

#横須賀 #横須賀市 #三浦市 #大矢部 #横須賀佐原 #衣笠 #久里浜 #北久里浜 #森崎 #岩戸 #感染症対策 #予約制 #予約のできる動物病院 #犬 #猫 #フィラリア予防  #ノミダニ予防 #待ち時間は短く #診療は丁寧に #シーズどうぶつ病院 #犬のいる暮らし #猫のいる暮らし #膀胱炎 #尿石症#膀胱結石 #皮膚病 #外耳炎 #ペットの病院 #犬猫病院 #動物病院

2021年10月27日

当院は鳥類の診察は行っておりませんので、うちに連れてこられることはないと思うので、当院として差し上げられることは、待合室へのチラシの掲示とブログにアップする事ぐらいですが、どなたか心当たりの方いらっしゃいましたら、連絡をして差し上げて下さい。

私も昔、飼っていた犬が迷子になって、探したことがあります。1回目は私が中学生の時、翌日捕まり、2回目は私は大学生の時で10日程で保健所に保護されて母が引き取りにいきました。探している間は、事故に遭っていないか?怪我をしていないか?気が気でない物です。

外で飼っていた犬で、檻の扉の閉め忘れが原因でしたが、親子で飼っていた雑種犬の親犬「ラン」と子供の「ナナ」。ナナは、すぐに自分でかえってくるのですが、ランには放浪癖がありました。蝉や雀を捕まえて食べてしまう犬だったので、逃走中は食べ物には困らなかったと思うのですが、よく事故にも遭わず、怪我もせず、帰ってきたものです。

因みにペットが迷子になったら、保健所、警察署に連絡をして下さい。

サクちゃんも、飼い主様の元に帰れることを願っています。

シーズどうぶつ病院 院長 島﨑健一

#ボタンインコ #迷子 #保護 #迷子鳥 #インコ  #横須賀市 #大矢部 #横須賀佐原 #森崎 #衣笠 #小矢部 #岩戸 #公郷 #林 #武 #粟田 #ハイランド #長井 #野比 #北久里浜 #久里浜 #三浦 #予約のできる動物病院 #動物病院 #犬 #猫 #横須賀動物病院 #動物病院横須賀  #犬のいる暮らし #猫のいる暮らし #待ち時間は短く#診療は丁寧に #シーズどうぶつ病院

2021年10月13日

なかなか更新できず、もう秋になってしまいました。

更新できなかった言い訳を申しますと、コロナ禍でセミナーや講演会が軒並みWEB開催になり、会場だと時間的、距離的にいけなかったりしましたが、WEBだと見逃し配信もあったりして「聴講しなくてはいけない」とプレッシャーを感じて、診察のない時間などは聴講していて更新がおろそかになりました。また。同じ姿勢でパソコンを2~3時間凝視していたせいか頸から肩を痛めてしまい、数年前に整形外科で「頸椎症」と言われていたので、今回は脳神経科の先生に診てもらったら、頸椎はきれいで安心しましたが、タイピングなどできない状態になったりもしていました。なので、今はセミナー聴講は、少しペースを落としています。

当院スタッフ全員(と言っても夫婦2人ですが)は新型コロナウイルスのワクチン接種を2回済ませました。飼い主様におきましても、既に2回接種した方、接種しないことを選択した方、様々な事情で接種したくてもできない方、それぞれいらっしゃると思いますので、来院時には皆様マスク着用をお願い致します。

因みに、俳優さんやタレントさんで「ワクチンを2回接種済みで、TVや舞台に出演のために検査をしたら陽性。本人は無症状だけど、自宅療養」というようなニュースも耳にしますから、ワクチン接種済みでも感染し、自分は無症状でも他の方に移す可能性はあると言うことです。

横須賀市の感染者も0人~1桁代の日が続き、「コロナが治まったら、予約制やめるんですか?」と聞かれることが増えてきました。当院が予約制になったきっかけはコロナでしたが、「同じ獣医師が、ペットとご家族の待ち時間のストレスを最小限にし、お話をじっくり聞き、しっかりコミュニケーションを取って診療する」と言うのが当院の特色と考えています。これを維持するために、これからも予約制を続けさせて頂きます。もちろん、急患、特に当院かかりつけのペットの急患には可能な限り早急に対応致します。また、予約が取れないほどのカリスマ獣医ではありませんので、予約は簡単に取れます。(土曜日・日曜日の午前中は混雑し、予約が取れないこともあります。)

そして、毎年恒例の2022カレンダーの配布を始めました。実は、毎年毎年、ジワジワ値上がりしているカレンダー…開業以来、同じ写真家さんの物で、楽しみにして下さってる飼い主様もいらっしゃるので、続けられる限りがんばりますから、当院かかりつけの方は、他に用がなくても是非是非、取りに来て下さいね。

もう秋とは申しましたが、おとといまでは日中暑いくらいだったのに、今日はかなり冷え込んでます。季節の変わり目は、おなかを壊すなど体調を崩して来院する子も多いので、何か気になる事、いつもと違う事がありましたら、お早めに診察を受けて下さい。

シーズどうぶつ病院 院長 島﨑健一

#横須賀市 #大矢部 #横須賀佐原 #森崎 #衣笠 #小矢部 #岩戸 #公郷 #林 #武 #粟田 #ハイランド #長井 #野比 #北久里浜 #久里浜 #三浦 #予約のできる動物病院 #動物病院 #犬 #猫 #横須賀動物病院 #動物病院横須賀 #コロナワクチン #犬のいる暮らし #猫のいる暮らし #待ち時間は短く#診療は丁寧に #シーズどうぶつ病院

1 2 3 4 5 6 148